公式の店舗
 建築に何が可能か―建築と人間と (1967年) (著) 広司 原 その他
公式の店舗 建築に何が可能か―建築と人間と (1967年) (著) 広司 原 その他
m61334078285-28761-bjM
7,200円 12,000円

発売日 : 1967/1/1- : 238ページ出版社 : 学芸書林 (1967/1/1)日本を代表する建築家 原広司の著書です。
カテゴリー:本・音楽・ゲーム>>>本>>>その他
商品の状態:傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:福岡県
発送までの日数:1~2日で発送
株主手帳編集部

ポケモン - ___________のピカチュウ(ポケモンカード旧裏面)

adidas - YEEZY calabasas track pants XS

及川智正 代表取締役会長 CEO

CHANEL - シャネル ショルダーバッグ クラッチバッグ ホワイト ゴールド マトラッセ

is-ness - 【Lサイズ】 イズネス ENNOY スタイリスト私物 裏返し2枚重ねTシャツ




フレーバーストーン 5点セット 送料無料

「流通」を変える


 農業総合研究所は、「日本の農業を変える」ことを使命に及川氏が設立した会社だ。東京農大を卒業後、一度は専門商社に就職するが、やはり農業をやりたいと退職して妻の実家が営む和歌山県のキュウリ農家に就農。3年間農業に従事した後、次に大阪で産直八百屋を立ち上げ販売に携わった。その経験から生産と販売の2つが交わるところの「流通」を変えようと、和歌山に戻り同社を立ち上げた。

Supreme - セール!【新品 激レア】Martine rose ロゴTシャツ

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本×2箱

「この2つの流通の中間に位置し、両者の〝いいとこ取り〟をしたのが『農家の直売所』の流通システムです。例えば100円で売られている商品を農協さんに出荷すると農家の手取りは30円ですが、当社に出すと60円の手取りがあります。しかも都会のスーパーに毎日出荷できるのである程度の量が売れます。このメリットが口コミで広がり、登録生産者数は全国で約9000人、導入する小売店は約1600店舗に拡大しています」(及川智正会長)


Supreme - ブラックアイパッチ フーディー






公式の店舗 建築に何が可能か―建築と人間と (1967年) (著) 広司 原 その他




農家が価格や出荷先を

自分で決めるシステム


「農家の直売所」のもう1つの特徴は、農家が農作物の販売価格や出荷先を自分で決められることにある。同社がITを活用し、登録生産者が出荷した農産物の売れ行きやライバル農家がつけた価格、スーパーが扱っている野菜の売れ行きなどのデータを提供。委託販売のかたちをとり、農家は在庫リスクを抱えるが、パソコン等でデータを確認しながら価格や販売先を主体的に決めて収益を上げることができる。

adidas - アディダス ゴアテックス スニーカー NMD_R1 GTX 27.5センチ


▲集荷場で農家が値付け





公式の店舗 建築に何が可能か―建築と人間と (1967年) (著) 広司 原 その他




公式の店舗 建築に何が可能か―建築と人間と (1967年) (著) 広司 原 その他









公式の店舗 建築に何が可能か―建築と人間と (1967年) (著) 広司 原 その他

集荷場を業務委託


iPhone13 pro 256GB シエラブルー

93カ所に開設。トラックのチャーター便にて毎日、スーパー等に配送している。このうち

ドラゴンボール - 一番くじ ドラゴンボール 超戦士バトル列伝 A賞~F賞ラストワンフィギュアセット

「兵庫県では地元のバス会社さんが地域活性化のために農業を盛り上げようと当社と連携。長野と山梨では佐川急便さんが営業所内に集荷場を開設しています。四国では日本郵政グループ、北海道では日本航空さんと連携して地元農産物の販路拡大に取り組ん

でいます」(同氏)


今後は仕入れ販売を強化

ACNE - Acne studiosTシャツ


同社は今後、同社の流通ルートを経由する農産物の量を増やして農業の流通改革を進めていく。

Nintendo Switch - Nintendo Switch Lite 任天堂スイッチライト 本体 グレー

 2つめの戦略は導入店舗数の拡大だ。全国のスーパー約2万2000店舗のうち、「農家の直売所」を導入している店舗は約7%。これを10%の約2200店舗に伸ばしシェア拡大を図る。また、登録生産者数も現在の約9000人から約2万人に増やし、流通総額を現在の約100億円から3~5倍の約300~500億円に拡大する。

 また、将来は流通総額1兆円が目標であり、市場のM&Aをするなどして現在の市場外流通から主流の市場流通に進出することを計画している。

「農業というと野菜果物を作る仕事だと考えがちですが、作るだけでは意味がない。消費者に食べてもらって初めて価値が出るというのが私の考えです。農業総合研究所という社名には、生産から流通、販売、それから消費者の口に入るところまでを総合的に研究する企業という意味を込めており、今後もこの社名通りの活動を展開していきたいと考えています」(同氏)


 
GCSLAWYER.COM RSS